九州建設アスベスト訴訟を支える会

  • トップ
  • 支援組織結成趣旨
  • 九州建設アスベスト訴訟とは
  • 訴訟の意義と目的
  • アスベスト相談
  • 関西アスベスト京都1陣訴訟 最高裁決定

    再び国敗訴確定、更に被告企業(8社)の敗訴確定

    1月28日、関西建設アスベスト京都1陣訴訟(被災者25名、一審原告27名)において、国が申し立てた上告受理申立のうち、被災者1名(屋外工)を除いて不受理とし、東京1陣訴訟における最高裁決定に続き一人親方等を含む国のばいしょ賠償責任が確定し、国の敗訴が決まりました。

    大阪1陣訴訟大阪高裁判決
    2018年8月31日に大阪高裁での勝訴判決が最高裁で判断


    一方、被告企業10社の上告及び上告受理申立については、2社(クボタ、ケイミュー)を除き、8社(A&A、太平洋セメント、ニチアス、日鉄ケミカル、大建、ノザワ、MMK、日本バルカー)について上告棄却・不受理と決定し、被災者に対する賠償が確定しました。建材企業の共同不法行為責任が最高裁で確定したのは初めてであり、今後の被害救済につながる大きな成果となりました。

    関西建設アスベスト訴訟統一本部 声明

    九州建設アスベスト2陣訴訟第9回期日

    最高裁決定受け止めない国の姿勢に怒り

    2021年1月28日2陣訴訟の第9回目の裁判が福岡地方裁判所で開かれ原告、弁護団、支援者など64人が集まりました。


    当日は、裁判所の判断で「傍聴なし」でおこなわれ、被害者遺族原告の意見陳述がおこなわれました。
    被害者(建築大工)は、一昨年8月に61歳で胸膜中皮腫のため死去。2019年3月の初診時に入院を指示され、自宅に戻ることなくわずか5カ月後に亡くなり、未だに心の整理もつかない遺族の苦しみが切々と語られました。


    弁護団から池上遊弁護士が、東京1陣訴訟の最高裁決定を受けて、九州を含め「全国で提訴している原告に対し、直ちに謝罪し、訴訟を早期に全面解決」するよう求めましたが、国の代理人は「反論を準備する」として最高裁の決定を受け止めない姿勢を見せ、原告、支援者の大きな怒りを買いました。

    九州建設アスベスト2陣訴訟第9回期日

    国の敗訴が初めて確定

    建設アスベスト東京1陣訴訟 国の上告は棄却

    2018年3月14日の判決の様子

    12月14日(月)、東京1陣訴訟の原告・被告双方の上告受理・不受理の決定が示されました。2018年3月14日に言い渡された同訴訟高裁判決では、一人親方も含む従事者に対する国の賠償責任を認めた一方、企業の責任については認められませんでした。

    最高裁判所の決定では、国の上告申立ては「全て不受理」、国の敗訴が決まりました。一人親方も含む国の賠償責任が、建設アスベスト訴訟で初めて確定したことになります。私たちの九州訴訟をはじめ、他の訴訟でも違う結論になるとは考えられません。建設アスベストの解決に向けて大きく前進したということが言えます。

    弁論期日指定の通知も

    また、最高裁での神奈川1陣訴訟の口頭弁論(10月22日)に続き、東京1陣訴訟での弁論期日も同日、来年2月25日に指定されました。これに続き、京都1陣、大阪1陣訴訟についても順次弁論が開かれるものと考えられています。

    首都圏建設アスベスト訴訟統一本部声明はこちら

    九州建設アスベスト訴訟第1陣の闘いは、最高裁に

    2019年11月11日(水)に九州建設アスベスト訴訟福岡高裁判決では国に勝利し、企業責任・一人親方への賠償も認定させ、全面勝利しました。その直後国が判決を不服として上告。それにならって被告企業も上告し、現在最高裁判所にかけられています。
    多くの署名を集めて裁判に臨みたいと思います。是非趣旨を理解いただき署名〈すべての建設アスベスト被害者を救済する判決を-最高裁宛-〉にご協力ください。

    今年3月には、福岡地方裁判所に九州建設アスベスト訴訟2陣訴訟が提訴されました。新型コロナウイルス感染拡大で裁判も延期などありましたが、下記日程で第2陣第9回期日が開催されます。


    九州建設アスベスト訴訟 2陣第9回期日

    福岡地方裁判所 2021年1月28日(木)14時〜

    建設アスベスト被害の全面解決を

    10・8日比谷野音1000人集会ひらく

    10月8日、建設アスベスト最高裁勝利と被害者救済基金制度をもとめる全国集会が、東京日比谷公園野外音楽堂で開催され800人以上が参加しました。福建労からも原告4人を含む10人で参加しました。

    集会では全政党の代表が参加し、国の責任は明らかで全面解決にむけともに頑張ることや、基金制度は必要で設立にむけ取り組むことが述べられました。集会後には駅前で宣伝行動も行いました。

    1000人集会

    9日には、福岡県出身で、まだ(建設アスベスト被害の早期解決することに)賛同署名していない国会議員を訪問しました。議員は不在でしたが、秘書に主旨を説明しました。原告からも「全面解決にむけ力を貸してほしい」とお願いしました。

    • 【支える会事務局】

      福岡県建設労働組合 県本部

      〒815-0031
      福岡市南区清水1丁目22-9

      TEL 092-511-4703
      FAX 092-511-4752

    九州アスベスト訴訟ページトップ