九州建設アスベスト訴訟を支える会

  • トップ
  • 支援組織結成趣旨
  • 九州建設アスベスト訴訟とは
  • 訴訟の意義と目的
  • アスベスト相談
  • 訴訟団「学習交流会」を開催!

    「解決するまで」原告団の心はひとつ

    経過や今後の闘いについて学習・討議する訴訟団

    経過や今後の闘いについて学習・討議する訴訟団

    8月22日、九州建設アスベスト訴訟団は福岡県労連事務所で「学習交流会」をおこない、原告・家族15名、弁護団8名、組合・支援団体15名の合計38名が参加しました。

    学習会では、まず、訴訟を支える会の甲斐事務局長から、訴訟と運動の経過をまとめ、原告団・弁護団・組合・支援団体が力を合わせて法廷内外での様々な取り組みに奮闘してきたことを振り返りました。その後、裁判での私たちの主張の中身を再確認する意味も踏まえ、弁護団の木藪弁護士が講師となって「企業の責任」について、池上弁護士が講師となって「国の責任」について、それぞれの法的な主張の中身をわかりやすく解説され、訴訟団として再確認しました。

    学習会の最後には、福留弁護団事務局長と山本弁護団長から「判決の展望」について話され、参加した原告・弁護団・支える会メンバーで、様々な判決を予測しての率直な意見交換をおこないました。原告からは、「アスベスト問題が解決するまで一緒にがんばろう」といった決意の発言が続きました。

    学習会の終了後には、会場を移し、「夕食交流会」を開催。参加者全員からこの闘いについての決意が述べられ、訴訟団の団結は一層深まりました。

    第39回公害被害者総行動デーに参加しました

    厚労省前宣伝の様子公害の根絶、被害者の救済を求め結集

    6月4日・5日、「なくそう公害 まもろう地球環境」をテーマに、東京霞ヶ関の官庁街の真ん中にある日比谷公園に延べ2000名を超える公害被害者、支援者、弁護士らが集まりました。九州建設アスベスト訴訟団からも原告の石原さん、石橋さん、福建労の矢野書記次長、弁護団の國嶋が参加しました。

    アスベスト被害根絶へ「自治体要請」を実施

    添田町が粕屋町に続き採択!県内2例目!

    大牟田市議会議長へ要請

    大牟田市議会議長へ要請

    筑後市議会議長へ要請

    筑後市議会議長へ要請



    5月21日から6月上旬にかけ、福建労と九州建設アスベスト訴訟の原告団・弁護団を中心に「アスベスト被害者救済と早期解決を国に求める意見書」の採択自治体を広げる要請行動を取り組みました。今回、18自治体の議長・副議長・議員の方々へ要請し、『被害者の想い』、『労災認定基準や救済法の課題』、『一般住民も含めた被害者拡大の恐れ』などを伝えました。

    「全国一斉アスベスト電話相談」を実施

    「不安…」 相談6件寄せられる

    アスベスト電話相談会

    相談を受ける福建労職員

    首都圏の建設アスベスト訴訟第2陣提訴(東京地裁と神奈川地裁合わせ原告167人)が、5月15日におこなわれたことを受け、5月18日に「全国一斉アスベスト電話相談会」を九州3県(福岡・佐賀・熊本)でもおこないました。福岡県内では、福岡市の「福建労会館」、北九州市の「九州社会医学研究所」、大牟田市の「建交労大牟田支部事務所」、佐賀・熊本では各1会場の計5会場で相談受付体制を組みました。

    事前の報道機関の告知が少なく、九州での相談は6件にとどまりましたが、それぞれ、呼吸器専門の医療機関の紹介や面談による相談予約などの対応をおこないました。

    「九州建設アスベスト訴訟を支える会」では、アスベスト被害の相談を常時受け付けています。肺がんやその他の呼吸器の症状がある皆さん、この症状「アスベストでは?」と疑ってください。気軽に事務所に相談ください。また、被害が疑われる方が、周りにおられましたらお知らせください。

    アスベスト根絶へ「賛同国会議員」270人に!

    九州選出の国会議員90人を訪問

    九州建設アスベスト訴訟団は、5月15日、九州選出の国会議員90人の訪問要請行動をおこないました。原告3人、弁護団4人、支える会団体から6人の計13人の九州訴訟団に加え、首都圏(千葉土建)の仲間約30人も行動支援に駆けつけてくれ、九州訴訟団を先頭に10班に分かれて一斉に取り組みました。

    野田国義参議院議員

    野田国義参議員(左)と髙橋原告

    野間健衆議院議員

    野間健衆議員(左)と山本弁護団長



    この行動で、新たに野田国義参議院議員と野間健衆議院議員のお二人が賛同署名に応じてくれました。

    • 【支える会事務局】

      福岡県建設労働組合 県本部

      〒815-0031
      福岡市南区清水1丁目22-9

      TEL 092-511-4703
      FAX 092-511-4752

    九州アスベスト訴訟ページトップ