九州建設アスベスト訴訟を支える会

トップ > 東京地裁第2陣提訴!

2014年05月16日(金)

東京地裁第2陣提訴!

日比谷野音で3000人集会

DSC_8881東京土建第2陣提訴 報告決起集会25月15日、国とアスベスト製造企業を相手に、東京・千葉・埼玉の労働者とその遺族115人が東京地裁に提訴しました。2008年に東京地裁へ起こした第1陣訴訟に続き、第2陣となります。同日に横浜地裁でも52人の労働者・遺族が第2陣提訴をおこないました。これで、全国6地域で闘っている「建設アスベスト訴訟」の原告総数は、642人となりました。

提訴後に日比谷野外音楽堂で開かれた建設アスベスト訴訟の「全国決起集会」には、約3000人が集結。九州訴訟団からも6人が参加しました。

集会では、連帯のあいさつとして九州訴訟団の髙橋原告が登壇。「引き続き、全国の仲間の皆さんと共に闘い、必ず勝利して、もう二度と私たちのような被害者を出さない社会にしましょう」とあいさつ。

第2陣原告団からも決意がのべられ、スローガンとして掲げている『あやまれ、つぐなえ、なくせアスベスト被害』の実現を成し遂げるために、署名をはじめとした「世論喚起」、さらには、現在270人となった私たちの要求に賛同する国会議員をさらに広げようと意思統一しました。

u