九州建設アスベスト訴訟を支える会

トップ > 建設アスベスト第1陣訴訟第13回期日ひらく

2019年03月18日(月)

建設アスベスト第1陣訴訟第13回期日ひらく

2月25日、福岡高等裁判所で「九州建設アスベスト訴訟第13回期日」がおこなわれました。
裁判が始まる前に、福岡県内各地で世論喚起のためのアスベスト街宣行動をおこない、門前集会では原告団・弁護団より日ごろの支援に対するお礼と決意が述べられました。

期日前に先頭に立って闘うことを誓う原告

今回の期日では、関西建設アスベスト訴訟弁護団の村松昭夫弁護士が駆けつけ応援陳述しました。法廷に入りきれなかった仲間は、会場をサイエンスホールに移し、伊黒弁護士より、関西の村松弁護士の意見陳述書をわかりやすく解説・学習をおこない、弁論から戻ってきた仲間と合流し、本日の裁判の中身について報告されました。

福建労はすべてのアスベスト被害者を救済するために、国と企業による『基金設立』を最終到達目標にして運動しています。そのための運動の一つとして建設アスベスト署名に取り組んでいます。(3月1日時点69%到達)街宣行動や署名活動など、多くの行動参加で、世論喚起をおこない、アスベスト被害者の全面救済に向けて団結して頑張りましょう!

u