九州建設アスベスト訴訟を支える会

トップ > アスベスト根絶へ「賛同国会議員」270人に!

2014年05月16日(金)

アスベスト根絶へ「賛同国会議員」270人に!

九州選出の国会議員90人を訪問

九州建設アスベスト訴訟団は、5月15日、九州選出の国会議員90人の訪問要請行動をおこないました。原告3人、弁護団4人、支える会団体から6人の計13人の九州訴訟団に加え、首都圏(千葉土建)の仲間約30人も行動支援に駆けつけてくれ、九州訴訟団を先頭に10班に分かれて一斉に取り組みました。

野田国義参議院議員

野田国義参議員(左)と髙橋原告

野間健衆議院議員

野間健衆議員(左)と山本弁護団長



この行動で、新たに野田国義参議院議員と野間健衆議院議員のお二人が賛同署名に応じてくれました。

今回の訪問要請行動では、「すべてのアスベスト被害者を補償し、被害の根絶を求める請願書」に加え、上京した3人の原告から国会議員へのお手紙も渡し、被害の実態と被害者・遺族としての想いを伝えました。

全国の仲間と共に取り組んでいる「国会議員賛同署名」は、今回の野田議員と野間議員を加え、全政党から270人(5月16日時点)となりました。

u